本文へスキップ

アロマテラピーの秘密から検定試験まで

アロマテラピー

アロマテラピー活用法/アロマ検定1級・2級対策講座

アロマテラピー活用法


アロマテラピーの活用法にもさまざまな手法がありますが、アロマテラピーをうまく生活に取り入れることで、心身のバランスを取り戻し、リラクゼーションやストレスケア、さらには美容や健康維持、疲労回復など幅広く活用できます。


【芳香浴】

■ティッシュペーパーに1〜2滴垂らしてデスクなどに置く

■専用器具を用いる
◎キャンドル式芳香器 ◎電気式芳香器



【トリートメント】

植物性のオイルをベース(キャリア)に、精油を1%以下の濃度になるように混ぜ、肌にやさ
しく塗布するトリートメントオイルとして利用します。

また、顔などの敏感な部分に使用する場合はさらに低濃度での使用をおすすめします。

アロマテラピーのトリートメントをアロマテラピーマッサージと表現することがありますが、治療を目的とするマッサージや指圧などは、「あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師などに関する法律」により、資格免許を取った法律に抵触しない人だけが、できる行為と定められています。

従って無用な混同を避けるために当協会ではアロマテラピーにおけるマッサージをアロマテラピートリートメントと表現しています。従ってアロマテラピートリートメントは治療を目的とした行為ではありません。



【入浴】

■全身浴

浴槽に適温の湯をはり(水量約200l)5滴以下の精油に落とし、よくかき混ぜ拡散させてから10分〜15分肩までつかります。

肌の敏感な方や子供の場合は、5滴以下の精油を10ml程度のキャリアオイル(植物油)等で希釈してから使用します。



■半身浴

浴槽にみぞおちまでつかる程度のお湯をはり、そこへ3滴以下の精油を落とす。

よくかき混ぜ、上半身が冷えないようにタオルなどを羽織って、汗が出るくらいまで十分つかります。



■足浴

洗面器かバケツにやや熱めの湯を入れ、3滴以下の精油を落とし、よくかき混ぜてから、その中に手や足を(手首の上、足のくるぶしの上まで)10〜15分間つけます。



【吸入】

ティーカップかボウルに熱湯を入れ、目的に応じた3滴以下の精油を落とし、立ち上がる香りの湯気を吸入する。

※ 吸入の際は目を閉じましょう。
また、精油成分が直接粘膜を刺激することもあるため、長時間の吸入は避けましょう。



【湿布】
洗面器に水または適温の湯を張り目的にあった精油を落としタオルに含ませ軽く絞り、湿布する部位に当てます。



【フレグランス】

フレグランスは精油を無水エタノール、蒸留水で割ったものです。

その割合によってパルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンの4つに分類されます。


アロマテラピー通信講座


 アロマテラピー 講座  

アロマを楽しみながら、アロマテラピー検定

<1級・2級>に合格する力が身につきます。











LINK1  LINK2  LINK3  LINK4
LINK5  LINK6  LINK7  LINK8